テーマ:6カ国協議

北の主張を認めるな!安保理に付託せよ!

6カ国協議が一時休会、29日の週に再開 北朝鮮の核問題をめぐる第四回6カ国協議は7日午前、一時休会に入った。各国が北京の釣魚台迎賓館で開いた首席代表会合で決めた。議長国・中国の武大偉外務次官は同会合後の記者会見で議長声明を発表し、29日から始まる週に協議を再開することで各国は合意したと明らかにした。  7月26日の開会以来、協…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの北朝鮮に対する考え方

北朝鮮の核、安保理制裁は「今後の話」…米大統領 ブッシュ米大統領は8日、北朝鮮が6日に行われた米朝接触で、6か国協議への関与継続を明確にしたことに関連し、同協議に替わる選択肢とされる国連安全保障理事会での制裁論議について、「今後の話だ」と語り、急がない姿勢を示した。米FOXテレビとのインタビューで語った。  また、金正日総書記に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮 「準戦時態勢」 か?

韓国の中央日報のサイトに以下のような記事が掲載されていた。 北、米国の先制攻撃に対応し準戦時態勢に 北朝鮮は最近、国際電話の9割を遮断し、2万台余の携帯電話を没収するなど、米国の先制攻撃に対応する、事実上の戦時体制に突入したことが明らかになった。 米国の攻撃に対応するには、まず内部情報の流出を遮断することが急務だという判断から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸際に立たされている韓国

アメリカが北朝鮮の核に強めの牽制をかけてきた。 米、対北圧力強める 米兵捜索中止・KEDO人事 米国は六カ国協議再開に向けて北朝鮮への圧力をさらに強化している。米国はすでに朝鮮戦争の行方不明米兵の米朝合同捜索の一時中止や朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)事務局長引き揚げの方針を決め、ラムズフェルド米国防長官は三日、対北政策見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮を批難する事もできないのか?

名よりも実を取れれば良いと言えばそれまでですが、悪い事は悪い!としっかりと言う事も大切だと思うのですよ。 NPT会議 : 最終文書ではトーンダウン? 北朝鮮非難 核拡散防止条約(NPT)再検討会議で27日の閉幕時に採択を目指す最終文書について、北朝鮮のNPT脱退や核保有宣言などを非難する文言のトーンが薄まる可能性が出てきた。中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう韓国は北を庇えないか?

韓国の外交通商部長官の記者会見の中身が報道されている。 詳しくは中央日報の潘外交部長官「北核、重大な局面」を見ていただきたい。 この中で潘外交部長官が 「この2週間、6カ国協議の再開と北核問題の実質的解決のための努力が続けられたが、関連国間の攻防と望ましくない措置が相次ぎ、憂慮が深まっている」「北朝鮮が追求するものは何かという国際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮問題で安部氏に続け

安倍晋三氏が言ってくれている。彼はこの手の問題の時には誰よりも頼りになる。 CHUNICHI WEB PRESSの日朝問題のサイトが現時点(5月4日18時)で最新らしい。 安倍氏は一連の会談で「六月までに六カ国協議が開かれないと、前回から一年間開かれていないことになる。北朝鮮が再開に応じない場合、国連安保理で(経済制裁を)協議するこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more