テーマ:韓国

隣国について考えて欲しい

こんばんは。明日にでも「日本の対中ODA全面中止」と「北朝鮮への経済制裁」と「日本による韓国通貨保証の即時中止」の実行を切に願う付加的です。  最近の「朝鮮半島南方地域」の愚行には呆れるやら腹が立つやら・・・・・  特定アジアに媚びるメディアや政治家、在日朝鮮人への選挙権付与とその集票をもくろんで史実を認めようとしない売国政…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

特に韓国は好きになれません

先ほどのエントリーを書き終えてある事に気が付いた付加的です。  中国、北朝鮮、韓国・・・・・・この3カ国(国と呼べないもの含まれておりますが)は好きではありません。ただ、調べて書き上げる時間と元気が今は無いのでエントリーしないだけです。  なぜ私がこの3カ国を嫌いなのか、特に韓国に対して一番反感を強めているのかを知りたい方は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

韓国ってアホだ・・・・・

原油価格の高騰で軍の飛行訓練日程狂う 原油価格高騰による燃料予算の不足で、昨年、空軍の飛行訓練日程が狂っていたことが分かった。 国防部が17日、国会・国防委員会に提出した04年度・歳入歳出決算報告書によると、04年の予算編成時に、通貨危機以降140時間に減らされた年間訓練飛行時間を145時間に増やすことにし、装備運営関連の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

取材もしないで何言ってんだ!!

【中央フォーラム】「靖国信仰」を捨てなさい 8月になると韓日関係で年中行事のようにみられるのが靖国神社問題だ。今年は小泉純一郎首相が15日を選んで参拝する可能性があるという。外交摩擦の火種がゆらゆらと燃えているわけだ。 われわれが靖国参拝を批判する最大の理由はそこに合祀されているA級戦犯のためだ。戦犯を参拝することは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

銃器強奪事件での韓国内の反応

  韓国は自慰3にしか理解できないような独特の自慰理論を展開する国なので忘れていましたが、国内には自浄作用になり得るような発想や記事もあるのですよね。  こんな例は嫌なのですが、仮に自衛隊が不祥事を起こしたとして朝日新聞が書くと思われる内容とは違った方向性のある中央日報の社説がありましたので掲載しておきます。 【社説】歩哨所の軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええ、中国は以前から無責任です

米、中国人民解放軍少将の「対米核攻撃」発言を批判 米国務省のマコーマック報道官は15日の会見で、中国人民解放軍・国防大学防務学院院長の朱成虎少将が「米軍が中国を攻撃した場合、中国は核兵器で対抗する」と述べたことに対し「極めて無責任で、残念な発言」と批判した。  報道官は「米国は中国にとって脅威ではない」と強調。「少将の発言が中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

韓国を中国領土として表記

 オックスフォード大出版の教科書「韓国を中国領土として表記」 英・オックスフォード大学出版社で発行している教科書をはじめ、計34の世界の有名機関が発行している53の世界地図が、韓国の全体領土および一部領土を中国の領土として表記している事実が明らかになった。  10日、サイバー外交使節団「バンク(www.prkorea.com)」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中央日報のコラムから

韓国紙中央日報のWEBからコラムを抜粋します。 ぜひ読んでみてほしい文章です。 【コラム】日本人に対する礼儀 ウンベルト・エーコの推理小説『バラの名前』が翻訳、出刊された年が86年だから、すでに約20年前のことだ。日本の西洋古典学者、谷口勇教授が、ある雑誌の寄稿で「...すでに韓国語版があり、はなはだしくはロシア語版ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中韓の三カ国世論調査で思う

中韓80%超が靖国参拝反対  戦後六十年の今年、共同通信社は日本、中国、韓国の国民意識を比較するための三カ国世論調査を五月に実施した。その結果、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について、中国の86%、韓国の82%が「参拝すべきではない」と回答。日本の国連安全保障理事会常任理事国入りについても、中国の87%、韓国の85%が「反対」と答えた。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

瀬戸際に立たされている韓国

アメリカが北朝鮮の核に強めの牽制をかけてきた。 米、対北圧力強める 米兵捜索中止・KEDO人事 米国は六カ国協議再開に向けて北朝鮮への圧力をさらに強化している。米国はすでに朝鮮戦争の行方不明米兵の米朝合同捜索の一時中止や朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)事務局長引き揚げの方針を決め、ラムズフェルド米国防長官は三日、対北政策見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国にも谷内発言を理解でいる人がいる

昨日のエントリー谷内正太郎外務次官、大正解です!に関連した記事が、韓国の中央日報に現実を直視できる貴重な社説として記載されている。 【社説】「韓国とは北核情報を共有できない」 日本外務省の谷内正太郎事務次官が「日本と米国は北核情報を共有しているが、米国が韓国を信じていないようで、日本は韓国との情報共有にためらいがある」と述べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷内正太郎外務次官、大正解です!

韓国、谷内次官発言で駐韓大使に抗議・政府に謝罪求める 韓国外交通商省の李泰植(イ・テシク)次官は26日、高野紀元・駐韓大使を同省に呼び、谷内正太郎外務次官が訪日した韓国の国会議員団に非公式な朝食会で「米国は韓国を十分に信頼していない」などと発言したことに抗議し、日本政府に正式な謝罪と再発防止に必要な措置を求めた。  高野大使は非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権限も能力もない韓国、最後のチャンスか?

韓国の中央日報に以下の記事を見つけた。 6月11日に韓米首脳会談開催 北核問題解決のために韓米両国の最高政策決定権者が顔を合わせる。 北朝鮮の6カ国会談復帰問題などを議論するための韓米首脳会談が、6月11日に米国ワシントンで開かれると日本メディアが24日、報道した。 今回の首脳会談では、最近高まっている北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国人は「恥」を知れ!

徒桜さんのブログで見るまで知りませんでした。 剣道の起源は韓国だと嘘っぱちを言っているようです。 「剣道の起源は韓国」 抗議殺到…全剣連は火消しに懸命  「剣道の起源は韓国」「“韓国剣道”を五輪種目に」-。こんなインターネットの書き込みや「記事」が相次ぎ、波紋を広げている。竹島(韓国名・独島)の領有権問題や歴史認識をめぐって日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮にあてにされないバランサー国家

米朝実務者が接触、13日にNYで 米国の外交当局者が13日、ニューヨークで北朝鮮側と接触し、6カ国協議への復帰を促していたことが明らかになった。米政府筋が19日、明らかにした。米朝の実務者接触は昨年12月以来。  同筋は「ニューヨークの対話チャンネルはこれまでもそうであったように政策を伝える場であり、交渉ではない」と説明した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツッコミが足りない韓国

ブログ内で「北朝鮮の問題に対して韓国は蚊帳の外」という主旨のエントリーを何度も書いてきました。そんな中、韓国と北朝鮮による南北次官級会談が16日から2日間、北朝鮮の開城で行われているようです。 南北次官級会談: 北朝鮮・開城で開催も、核問題に言及なし 韓国と北朝鮮による南北次官級会談が16日、北朝鮮の開城で2日間の日程で始まった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お!韓国にも国際基準に合う人がいた!

最近中央日報のサイトを見ることが多い。 実は今朝見て「おぉ!」と思ったのだが出勤の時間になってしまい書けなかった。 その記事のタイトルは【社説】北核事態、韓国政府は無策のままかというものです。 外交通商部(外交部)の潘基文(パン・キムン)長官が「北朝鮮の核問題は、現在、楽観できない状況」とし「国際社会の忍耐心が限界に至っている」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲間のフィリピン人と拾った韓国人

私、実はかーーーーなり下手ですがバスケをやっております。 今日も仕事の後、3時間ほどミニゲームなどで遊んできました。 一昨年の秋頃から、日本に働きに来ているフィリピンの方々が何人も参加してくれています。 あまり言葉は通じませんが、国際的にルールは同じなので問題なく仲良くプレーしています。 フィリピンも大戦時に日本軍に何かとされ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

へ?日本が核保有国になる?

中央日報の社説に注目したい。 なんだか自分達の事を棚に上げて中国に責任転嫁をしているようにも見えてしまう社説だが なかなか面白い事が書いてある。(途中に誤植があると思われますが・・・) 【社説】北核解決に向けて「中国の責任」を明確にせよに全文が掲載されているが、引用させていただく事にする。 北朝鮮は、核武装の道をあきらめずに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more