これは困った!なんて魅力的な大滝村!

こんにちは。最近「旅行」となると長野ばかりに行っている長野贔屓な静岡県人、付加的です。

 長野県を贔屓にしているのは以前からですが、「長野市」「信濃町」などの北信濃地方だったんですよ。それが昨年の夏に娘のサマーキャンプと自分のSDA王滝に参戦という機会を得て気になりだした長野県南部地域。今回も娘のサマーキャンプとそれに合わせてレース以外に観光で出かけた王滝村。

 とっても素敵な場所じゃないですかぁーーー!!

 王滝村は御嶽山の玄関口。御岳神社もあり、信仰をもたれる方や観光客で賑わっています。レースの時からお世話になっている王滝山荘 銀は4合目に位置していて、宿に向う途中で御岳神社の前を通過します。

 今回はレースではないので時間に余裕がありペンション銀の女将さんに薦められ、ペンションから歩いてすぐのおんたけ銀河キャンプ場で夏休み期間中に開催されている星の観望会に参加してきました。これが中々素晴らしいものでして、天体望遠鏡をちゃんと使って星を見ることができます。私が参加した8月17日は「月のクレーター」「木星の模様と衛星4個」「M13星団」「リング星雲」「北斗七星のミザールとアルコル」などを倍率の高い双眼鏡や天体望遠鏡などで見ることができました。それ以外にも「なんでこんな時間にまで見えるのよ?あの人工衛星は!」って感じのものと「流れ星」がいっぱい。3回願い事を言ってみようと思いまして、選んだ願いが短めって事で・・・・「世界征服」だったのですが3回は無理でした~!

 標高1500m程度にあるこのキャンプ場は、「周辺が暗い」「空気が澄んでいる」「高地なので視界が広い」という理由から好条件なようです。

 それだけでなく、案内をしてくださっているこのお方このお方の進行や解説が非情に分かりやすく面白かったですよ~。ただ、「天文学としての宇宙と神話の世界の星座物語」の両方を信じていたい私にとって、神話の部分が少なかったのは残念でした。「大熊座と小熊座の関係」や、「織姫と彦星の間にゼウスの化けたスワンがいる」なんて話、面白いのになぁーなんて思っちゃいました。でもこれは個人の感想。参加者はボクも含めて楽しんで帰りました。

 今回の王滝村観光の主たる目的は・・・自然湖です。レース参加時は松原スポーツ公園から42キロのスタート地点までウォームアップを兼ねて自走しているので、自然湖の横を通り過ぎても観光して行く事なんて出来ません。レース終了後に観光して行く元気もございません!そこで、自然湖をゆっくり見ようと思ったのが今回の王滝村旅行だったんです。真夏の炎天下の自然湖と、今朝5時半の自然湖の写真を掲載しておきます。

 う~ん、お気に入りだぞ、長野県南地区。このまま旅行する機会が増えたら大散財になりそうな予感♪注意注意!!今回は夫婦二人だったけれど、今度は家族で行こう。娘にも感動をいっぱいプレゼントしなきゃ!自転車仲間だけじゃなく、普段からボクを支えてくれている仲間の連中とも行きたいな~。感動やイイモノは皆で分けなきゃね!
 
 
画像

画像

この記事へのコメント

そら子
2007年08月19日 00:25
こんばんは。前にもお話ししましたが、王滝村というとやはり小学生時代の地震と地滑りの印象が強いです(←いつから時が止まっているんだよ・・・)。とてもきれいなところですね!
先日自宅近くでペルセウス座流星群を観測しました。空気の良さはとびっきりの地域な上新月などの好条件も重なったので、強度の乱視である私にも天の川が見え、流星もいくつも見ることができたのですが、王滝村はそれ以上すごいでしょうね。
しかし・・・「世界征服」・・・こ、これはいくら流れ星さんでも難しい願いですね。。。(笑)
付加的
2007年08月19日 17:38
そら子さん、こんばんは~。
簡単に言えて叶えば嬉しいということで「世界征服」でした。何度も何度も星に願いを込めましたが3回は無理でしたよ~。
時が止まっている地震と地滑りで出来たのが写真の自然湖です。王滝村に限らずあの地域にはダムによって出来た湖が多くあるために、地震で出来た湖を自然湖と呼んでいるようです。黒姫と王滝村・・・ついでに寄って行ける場所じゃないのがつらいですよ。

この記事へのトラックバック