笑えない1週間でした

こんばんは。簡単に言うならば「1週間高熱で寝込んだ」付加的です。

 身近な人には話してあったのですが、数週間微熱が続いているような健康状態でした。そこに先週の寒い高地でのレースでの無理がたたったのでしょう、寝込みました。

 自分自身「体力はあっても生命力は無い」と自覚しているのですが、今回は分かりやすくそれが出たケースだと思います。

 先週のレース後、帰宅してから症状が一気に出てきました。

日曜深夜  全身がガタガタ震えるほどの寒さで目がさめる。すでにこの時点で38.5℃
月曜~水曜  38~39℃をキープ。汚い話で恐縮ですが、経験したことの無いくらいの下痢。この3日間でまともな排尿は一度も無し。意識も半分くらい「Go to heaven」。ボーっと見ていたCSで「ラッサ熱、西ナイル熱、SARS、エボラ出血熱」の番組を放送していたため、必要以上に精神的に打ちのめされる。
水曜~金曜  体温は37℃台まで回復。お腹の調子はそのまま。排尿もほんの少しある程度。お粥など食事が取れるようになる。
土曜~日曜  平熱まで回復。ようやく普通に尿がでる。お腹の調子はトイレに通う時間間隔がだいぶ落ち着いてくる。

 こんな感じでした。丸々1週間寝込んだのは4~5年ぶりでしょうか?「遊びに行って寝込むなんて!」と怒られそうですが、これでインフルエンザにかからなければチャラだと思っています。まだまだ本調子では無いのでこの辺で。

この記事へのコメント

2006年11月19日 19:01
こんばんは。
大変つらい、一週間でしたね。
いまは、大分、落ち着いてきたとのこと、どうぞ、お大事にね。
そら子
2006年11月19日 23:03
こんばんわ。先ほど伊豆から帰宅しました。うちの旦那は作家・井上靖先生を神と仰いでおります。今回は旦那のとある大仕事が終わったので、それを契機に幼少期を過ごした湯ヶ島、井上靖さんのお墓等々見ながら下田まで行きました。※もちろん車でですが・・・
途中、井上さんとは関係がありませんが、明徳寺というお寺に立ち寄りました。ここでおまいりすると、一生下の世話にならないとか。うちの親戚がお札を頂いてきたことがあって、「どんな場所だ???」と思っていたのです・・・。
はい、不思議で面白いところでした。由緒ある神様だからと思いつつ、思わず爆笑してしまうようなものとか・・・ええいろいろと・・・(http://b-spot.seesaa.net/article/12962881.html)付加的さんもご参拝されてみては・・・?!
・・・なんてやっている間にとんでもないことになってたんですね(大汗)だ、大丈夫ですか~~?!?!これからインフルエンザの季節でもありますし、今回の分も気をつけてお過ごし下さい。私も仕事柄、あちこちで風邪菌を頂きがちですので注意したいと思います。
付加的
2006年11月26日 21:19
sumicchiさん、こんばんは~。
1週間休んで会社に行ったのですが、全然身体が動きませんでした。
ちょっと汗をかくと震えるし・・・・・立派な病人でした!!
今は何とか普通に戻ったと思います。ご心配をおかけしました。
付加的
2006年11月26日 21:23
そら子さん、こんばんは~。
明徳寺は知っております。会社の自衛消防組織の旅行でお邪魔したことがありますよ~。ご年配の方々が「大事なことだ!」と言って熱心にお参りしていたのをハッキリと記憶しております。今のガブちゃんの世話をしていると確かに頷けます。何とか風邪も退却してくれたようで回復基調です。ご心配をおかけしました。

この記事へのトラックバック