雨の中のルイガノカップ終了

こんばんは。昨日は睡眠3時間でレースに挑み、雨と泥でグダグダになった付加的です。

 わが愛車(自転車ですよ)は、昨日のうちにショップに検査入院をしています。タイヤの半分まで泥水に浸かったり、BBまで泥に埋もれたレースは初めてでした。

 先ず、6時に現地集合。その手前のセブンイレブン富士宮朝霧高原店でリーダー以外が偶然集まり買い物。くちぱっちの前を通る度についつい口をつまんでしまうボク。。

 5時45分に現地着。雨・・・大雨・・・雷雨・・・・そんな感じの天気。5時55分にリーダー現着。7時前になると参加者の車が増え始めました。

 7時に登録完了。雨は相変わらずです。タープを張ってイスも出して、工具類や飲料も準備。そして自転車を用意して着替えて試走に出発したのが8時過ぎでした。

 1周4キロの今回のコース。東伊豆のコースが1周5キロなのでエンデューロのコースとしては長いけど何となるだろうと思いながら試走し始めて気が付いた。  「この雨、この芝の具合・・・・と同じコンディションじゃないか?」

 試走の時は確かにあの忌まわしいレースと同じでした。1周に35分もかけて試走して泥と雨で「田植えは終わったかねぇ~?」って感じでピットに戻りました。

 10時から4時間耐久レース開始です。1stライダーはいつものように男前です。群集にまみれてダラダラとしたレースが始まりました。約30分後に男前帰還、リーダーが交代で走ります。約35分後にリーダー帰還、私が走ります。走り始めて思ったのは「ここ、田んぼ・・・?」でした。試走の時とは比較にならないくらいぬかるんでいます。タイヤはホイールまで泥に埋まりながら走っています。たまにジャンプなどをしないと草と泥でタイヤに天然ブレーキがかかります。芝がメインのコースから土がメインのコースに移ったとたん、状況は更に悪化!必死に自転車をこぐ私ですが、後ろの方に泥を飛ばして遊んでいるだけに見えます。ハンドルを少し右にきり、体は少し右体重、自転車は左に傾けて、わりと必死に漕いでいるのですが、自転車はノロノロと直進していました。

 その先にダウンヒルコースと同じコースを下る区間があるのですが・・・・エッチラオッチラとしか進みません。だって下りって怖いんだもん!!試走の時は乗って行けたのに、自転車から降りる頻度の高い事!!降り方を間違えると足首まで泥に埋まります。最悪です。悲しかとです。

 下りのカタツムリストの実力を周囲に見せ付けながら芝の平地に戻ります。ここからは脚力と体力の勝負です。何人か抜き差って丸っこいヤツに交代しました。ピットエリアが平地で良かったぁ~~。

 男前の1周目は、スタート地点からなので1周に少し足りていません。そこを考慮しても「男前、リーダー、私」は3人とも1周目は約35分でした。丸っこいヤツも40分あれば戻るだろうと思っていたら・・・・45分かかりやがった。。そこで私が大声で「お前よりも牛乳を積んだパトラッシュの方が速いわ!」と罵ると周囲から笑いが聞こえました。

 私の2周目、コース前半の芝メインは1周目より少しだけ速く走れましたが、泥メイン(旧名・・・土メイン)になったとたん自転車で走れない。自転車から降りて自転車と共に走る走る!!女性の参加者には半ベソで自転車と歩いている人もいました。最大の難関、ダウンヒルとの兼用コースでは「泥を走ったら効率が悪い。自転車で走っている人がいなければラダーの上を自転車と走れば木でできているから泥よりも効率がいいはず!」と思い、ラダーを自転車から降りて走る走る!ふと振り向けば、後ろがみんな真似していました。

 乗れるところは自転車に乗って「ウガー!」とか言いながら走った結果、2周目は35分30秒でした。リーダーの2周目が40分かかったことを思えば優秀です。

 レース終了後、花の湯で汗と泥を落とし、温まりました。そこにある中東の湖「死海」の塩を輸入した塩の湯という浴槽に男前と入ってみました。入った瞬間、レースで擦りむいたような箇所が痛みます。そのうちおまたがピリピリと。。ぬるめのお湯に浸かり直して上がる時、塩の湯で大の字になって浮かんでいる老人を発見!!よく見ると、体の中心より若干下方向にネッシーも発見!!

 男前よりも男前でした!!

この記事へのコメント

そら子
2006年05月29日 23:07
こんばんわ。ルイガノカップお疲れ様でした!せっかく走りやすい&交通の便のいい場所になったのに、お天気が散々だったんですね。。。確かに午前中は悪天候でしたからね・・・(その代わり午後は晴れて暑くなりましたが・・・そちらはいかがでしたでしょうか?)。娘さんの運動会は大丈夫でしたか?
花の湯、非常に気になります。死海風呂で浮いて遊びたいです(笑)うちの職場近くの道をひたすらひたすらひたすら行けばOK(でもかなり「ひたすら」行かなければならなさそうですが・・・)なので迷子にもならず行けそうですし、そのうち検討してみたいです。
2006年05月30日 04:07
付加的さん、おはようございます。
雨の中の”ルイガノカップ”楽しまれたようで・・・。
レースの後のお湯もまた、格別だったでしょうね。^^

ところで、ネッシー??
男前より男前@@

付加的
2006年05月30日 20:11
そら子さん、こんばんは~。
ず~っと雨でした。強いか弱いかだけで、ずーーっと降ってましたよ。
娘の運動会も日曜は延期になり、月曜日に無理矢理開催しておりました。
私、塩の湯はコリゴリです。傷はともかく、オマタが痛いんですもの・・・・
壊れちゃいそうです・・・・・やん♪(/.\*)
付加的
2006年05月30日 20:14
sumicchiさん、こんばんは~。
ネッシーはあっさり流していただいても良かったのですが・・・・・
想像して下さい→「男性が仰向けで水面に浮いている。浮いているといっても背中半分程度は沈んでいる。その状況で水面に顔を出すモノといえば!!」
惜しげもなくネッシーを披露していた爺さんに男前も男前具合で負けていました。やん♪(/.\*)
2006年05月30日 21:26
付加的さん、解っていましたよ。
ちょっと、とぼけてみただけですヨン!
そら子
2006年07月21日 18:12
こんにちは。徘徊放浪一人旅の末、寄ってきましたよ「塩の湯」!と申しましても花の湯ではなく、同じ系列の「気楽坊」へですが・・・。湯船に入るとお湯がぬるっとした感じ、と同時にちょっとした傷にしみることしみること・・・因幡の白兎になったかのようでした(汗)が、私はすぐに慣れました。仰向けになってみると、プカ~ッと・・・まるで下から押し上げられるよう!それでプカプカ浮いていられるのですからびっくり!いや~面白かったです♪
付加的
2006年07月23日 20:13
おぉ!塩の湯を経験されましたか!!
で、おまたはピリピリしました?レースの時に同行してくれた女性が塩の湯に入らなかったようで答えられないって言ってましたので。。
あれ以来の疑問なんですよ、おまたのピリピリは女性もなるのかって・・・・
そら子
2006年07月23日 21:31
アハハハハ(笑)私は、そこはピリピリにはなりませんでした(爆笑)ただ、足のちょっとした引っ掻き傷(蚊に刺された痕など)にはてきめんにしみました。自分でも忘れていたような小さな傷でもしみますので、最初は「・・・ちょっと無理?」と思いましたが、ゆっくり肩までつかってしまえばすぐ慣れました。以上、きわどいレポート(笑)でした。

この記事へのトラックバック