北朝鮮の要人が韓国に亡命

北朝鮮代議員が韓国に亡命
韓国の政府関係者は18日、北朝鮮の最高人民会議代議員が第3国に脱出し、現在は韓国内で国家情報院の調査を受けていることを明らかにした。この代議員は70歳代の男性で、5月に北朝鮮を脱出。かつて台湾との武器取引に関与した人物とみられ、第3国で国家情報院の調査を受けた後、韓国に入国したという。

 月刊朝鮮8月号は、この代議員に対する国家情報院の調査で「北朝鮮が重さ1トンの核兵器を製造したが、科学者たちはその性能に疑念を抱いている」などと語ったと報じた。ただ、聯合ニュースは国家情報院が主に調査している内容は、核兵器問題ではなく、台湾と北朝鮮との武器取引だと伝えている。


 こんな情報を持った人物が亡命するような事態なんですね、北朝鮮は。

 この御老人は「こんな身分にまでなった私がいまさら農作業なんかできるか!」なんて言って農業政策反対で亡命したとは思えません。いや、そうならかなり笑えますが。
 
 北朝鮮は公言していたのでいまさらですが1トン程度の核兵器は既に保有しているようですね。核兵器といっても核爆弾でしょう。ミサイルに搭載可能なタイプだとは私には思えません。しかも、性能に疑念を抱いているという事ですが、地下でも何でも核実験を行っていないようなので当然といえば当然でしょう。しかし、以前アメリカが過去技術として公表しちゃっていた核兵器の製造法を基に製造されていたならある程度の性能は保障されているようなものです。

一方的核放棄を拒否、在韓米軍含めた非核化を・北朝鮮紙
北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」は18日、今月下旬に再開予定の核問題を巡る6カ国協議について「わが国が米国の一方的な核放棄の要求に絶対に応じられないのは明白だ」と表明した。そのうえで、在韓米軍の戦力も対象に含めた朝鮮半島全体の非核化を目指す立場を重ねて強調した。

 朝鮮通信(東京)が伝えた朝鮮中央通信の報道。6カ国協議開催を約1週間後に控え、北朝鮮による核放棄の確約を核問題解決の「入り口」とする米国と北朝鮮の対立が改めて鮮明になった格好で、参加国の調整作業は難航が避けられない見通しだ。


6カ国協議にむけて動きが活発になってきました!

 日本は日本の独自の立場を鮮明にし、他の5カ国にハッキリと認識させてください。

増元さん、「拉致問題訴え」米国に
拉致被害者家族会の増元照明さんが、ワシントンで開かれる北朝鮮の人権問題を考える集会に出席するため、アメリカに向けて出発しました。
 増元さんは、19日にワシントンで開かれる北朝鮮の人権問題を考える集会に出席するため、18日、成田空港を出発しました。
 今月下旬に再開される6か国協議では、北朝鮮が「拉致は解決済みの問題」として拉致問題を議題にすることを否定しています。
 増元さんは、「20数年間、家族と引き離された拉致被害者の現状を訴えたい。6か国協議では日本政府があらゆる機会をとらえて、北朝鮮側に拉致被害者全員を帰国させるよう迫ってほしい」と話しました。


 日本政府が日本人のための政府なら、拉致問題は核問題と切り離すべきではない!拉致問題の進展無くして全ての経済支援を行ってはいけない!戦争状態でも無いときに北朝鮮というキ※ガイ国家は国家政策として何の罪もない日本の国民を誘拐して連れ去ったのだ!その事を現最高責任者の金正日が認めたのだ!日本国はとして当然この一連の国家犯罪を追及する権利を持っているのだ。韓国の言う「白頭山観光問題」ごときとはレベルが全く違うのだ。

 日本政府は核問題と拉致問題を決して切り離さないように。また、拉致問題の重大さを関係国に徹底的に叩き込むように。間違っても呑気な白頭山観光問題なんかに先を越されないように。国際社会で舐められたままの日本になるか否かは6か国協議の姿勢と対応にかかっていると言っても過言ではないのだから。
 

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

そら子
2005年07月19日 00:27
数年前、拉致被害者の5名が帰国した際ふと考えました。もし私が今突然拉致されて、40~50歳になるまで言葉もわからない、様子もわからない国で暮らさなければならなくなったら・・・と。
はっきり言って本気で狂っていただろうなと思います。過激なことを言いますが、私はあきらめて適応できる性格ではありませんので自殺していたと思います。一生の大部分をこんなおかしなことで台無しにしたくありません!
世界的に考えれば核の問題が最優先なことはわかります。でも、拉致もある意味大量殺戮と同じくらい残酷な話ではないでしょうか。。。そこは、ぜひひとまず「拉致とは無関係」な国々にもわかって頂きたいな、と思います。もしあなたが同じ目にあったらどうよ、と偉い人々にお聞きしたくなります(^^;)
付加的
2005年07月19日 05:08
>そら子さん
まさにその通りだと思います。拉致というと「連れ去っただけ」のように思われそうですが、連れ去られた後でキ※ガイ国家に何十年も監禁されているようなものなのです。人権という発想がない時代の事では無く昭和の出来事なんですよね。日本の政治家は全員もっと真剣に取り組むべきだと思っています。コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック