中国のドタキャンおばちゃんの続報

中国のドタキャンおばちゃんの続報がとどいております。国際的な外交ルールに違反するような愚行の責任を取って辞意を表明するかと思えば、奇想天外な独自のアホ理論からなる自慰を表明されてしまったようなものです。こんな国とフェアな関係を求めてもダメです。ルールを無視するのですから話になりません。中国の遺棄化学兵器処理施設に日本2000億円負担をするような枠組みが整ったという記事もありますが、感謝も謝罪もしない無礼者の中国に赤字大国日本が無理して援助をする必要はありません。「実を取ればいいじゃん」という意見もありますが、フェアでない国、同じ土俵に乗ろうとしない国が一番重要な「実」の部分を渡すと思っているのでしょうか?それなら私と見解が全く違います。「実」を渡したくない為にいろいろと小細工をしていると考えるべきではないのでしょうか?2000億以上の見返りが確実ならいいですが、だらだらと追加追加と拠出していくんだろうな、きっと。
 それでは以下の記事をご覧下さい。

中国副首相帰国、国家指導者全体の決断
中国の雑誌「時代人物週報」は呉儀副首相が小泉純一郎首相との会談を突然キャンセルして帰国した件について「個人の行動ではなく、中国のトップ指導者全体の決断」としたうえで「中国の新世紀外交だ」と述べ「ノーと言える中国」の姿を高く評価した。

 同誌は呉副首相の行動を「日本に対する警告効果を最大限にするため」と説明。「国際社会において(イメージを)損なう危険をあえて冒し、勇気と決意を持って日本にノーと言い、国際社会に中国の外交の気迫を示した」と述べた。「中国外交が日増しに個性を際立たせていることを示す記念すべき事件」と評価した。


以上が表明された自慰です。

 過去のエントリーで何度も言わせて頂いておりますが、日本政府と日本企業は現体制の中国との付き合い方を再考する必要があると思う。今後の市場としての中国の魅力は否定しない。しかし、生産活動の拠点としての中国、ともに手を取り合って経済発展をしていくパートナーとしての中国には首を傾げざるを得ない。私は「共産党独裁政権の国が経済発展を掲げる事自体、国内に矛盾を広げる事になる」と考えている。この矛盾は政治と経済に何かの反動として現れるはずである。
 タイミングよく以下の記事も掲載されていた。中国に進出している企業は肌で感じ取っていることが多いだろう。オフレコで話させれば、もっと面白い結果が出るのかも知れない。

中国ビジネス、拡大検討企業が低下・ジェトロ調査

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は7日、日本企業を対象に、中国で起きた反日デモが中国ビジネスに与える影響を尋ねる緊急アンケートの結果を発表した。それによると回答企業の約1割、40社が影響が出ていると回答した。中国での事業拡大を検討している企業の比率が前回調査と比べて30ポイント以上低下するなど、拡大を続けてきた対中ビジネスに慎重な見方が広がってきた。

 調査は5月下旬に実施した。414社の回答企業のうち、影響が出ていると答えた40社は機械、電機・自動車部品、繊維、小売りなどの業種で「買い控えによる販売減」「日本製品のイメージダウン」などの報告があった。また36.5%の企業が「2005年度中に影響が出ることを懸念している」と回答、今後の「人材確保の困難化」や「労使関係の悪化」を心配している。


 少なくても中国という国が国内の独裁支配の維持だけを睨んだ愚公や自慰を繰り返さなくなり、各種のルールを守り、約束事に乗っ取って話し合いや行動が取れるようになるまで信用をしてはいけない。ルールを守るというのは当たり前の事であり、一番基礎の基本の大切なことなのだから。

この記事へのコメント

白樺
2005年06月08日 15:27
上海の株式市場の株価低落傾向が続いていること、同市の地価の下落傾向も顕著なこと、中国奥地では年間2千件もの暴動・デモが頻発していること、河川・湖沼の90%が汚染されており、全国660都市の8割が水不足に悩んでいることなど、中国も大変なようですね。こうした国民の不満と中共政府の焦りが外に敵を求めて目をそらさせるための対日強硬路線の原因の一つでもあるのでしょうね。どうなりますか、まあ、もうしばらく様子を見ていましょうか。
付加的
2005年06月08日 19:34
>白樺さん
コメント有難うございました。
製造業で水を使用しない業種なんてほとんどありません。
水が無くなって来た時点で中国も終わりに近づいたということだと感じています。
経済成長が衰えた時の中国政府の慌て様と出方が見ものですよね。
偏見の塊のエントリーばかりですが、よろしかったまたコメントをお願いいたします。
似非紳士
2005年06月08日 23:00
>「中国外交が日増しに個性を際立たせていることを示す記念すべき事件」

世界でも際だって厄介で、礼儀知らずで、扱いづらい嫌な国。
って事を示したことが
そんなに嬉しいんですかね、この国は・・・。
付加的
2005年06月09日 05:20
>似非紳士さん
普通なら恥ずかしいはずの自慰を公表して更にご満悦になってしまう国ですからねぇ。忠告を聞く体質も無いようですし。
コメントありがとうございました。また寄ってください。

この記事へのトラックバック

  • 中国の話題ばっかりだけど・・・。

    Excerpt: ●中国の言うことが  いちいちむかつく病にかかってしまった。 ☆似非紳士の癒し系ポエムサイト☆ + katariya +   Weblog: + katariya blog + racked: 2005-06-08 11:06