北朝鮮制裁に否定的な中国

中央日報の記事に中国「北朝鮮制裁には同意しない」というものを発見。
中国外務省の劉建超報道官は10日の定例記者ブリーフィングで、「中国は、北朝鮮に対する制裁と圧力行使が、必ずしも効果がある方法だとは考えていない」と語った。

劉報道官は「北朝鮮に対して圧力や制裁を加える案について、われわれはずっと同意してこなかった」と述べた上で、このように明らかにした。 これは、米国が主導する対北朝鮮制裁の動きに賛同する意向がないことを明確にしたものと解釈される。中国外務省が敏感な国際懸案に関連し、こうした断固とした態度を見せるのは異例。

劉報道官は「中国と北朝鮮は正常な国家対国家の関係であり、さらに正常な交易を行っている状況」とし、「こうした正常な交易関係を核問題に結びつけるべきでない」と強調した。 劉報道官はまた、「北朝鮮との交易は今後も正常に進行されるだろう」と語った。 さらに「われわれは北朝鮮が核実験を準備しているという事実を確認しておらず、いかなる証拠も確保できなかった」と明らかにした。

中国外務省のこうした立場表明は、米ワシントンポスト紙(7日付)の「中国、対北朝鮮制裁を検討」という部分に対する公式反論とみられる。 この記事は、中国政府高官が「対北朝鮮圧力なら食糧供給の中断が最も効果的」と述べたと紹介し、「中国が対北朝鮮輸出規制を検討している」と伝えた。

あれ?韓国並みに言う事がコロコロ変わっている。まぁ、両国とも信用度は低い国なので問題ないか。ひょっとしてワシントンポストに言っちゃった政府高官はすでに消えたかな?こわいこわい。
それにしても、さすがテロ支援国家の中国ですねぇ。中国がここまで北朝鮮軍国主義将軍マンセー中国マンセー国を大切にする理由は何だろう?
中国って麻薬や覚せい剤が好きなのか?過去にアヘンで国が滅びかけたお国柄だからなぁ。重油や食料を北朝鮮に援助して麻薬を裏ルートで運び込ませるのが正常な交易関係なのだろうか?そこまでアホか?
今日もう一本エントリーしたロシアと中国に腹が立つにヒントがあるように思えた。(書いている最中に日付が変わってしまった・・・)
やはり中国政府にとって自由経済と民主主義は脅威なのだろう。
朝鮮半島の南側には自由経済と民主主義を(日本よりも遅れて)果たした韓国がある。共に北を庇ってきた仲間である。その仲間が最近(中国からすれば)裏切ろうとしている。
たぶん中国の立場からみると「わが国と共に北朝鮮をアメリカ主導の国々から守ってきた南朝鮮がアメリカに屈しようとしている」と見えるのではないか?
韓国という国は、軍事的には在韓米軍基地はあっても北朝鮮が塹壕の役を果たし、政治的には北朝鮮を庇う仲間なので直接韓国自体が脅威とはならなかったのだろう。
そんな状態の中で北朝鮮が危機的状況になれば韓国自体が中国にとって脅威になってしまう。
韓国が北朝鮮を庇っているうちは思想と経済的な(円借款の横流し?)つながりの上で北朝鮮を一番コントロールできる国は中国になる。
韓国が北朝鮮を庇わなくなると、北朝鮮そのものが存在できなくなる可能性がでてくる。(事実上国として機能するかしないかは中国には問題ではないかもしれない。存在すればよいのかも。)
今まさに韓国が庇わなくなってきた。でも中国としては北朝鮮が滅ぶと軍事と思想の面から非常に都合が悪くなる。
その答えとして「北朝鮮を今の状態で残すには中国が単独でも踏ん張るしかない!」と導かれたのだろう。
この今の状態というのは、①民主主義国家から物理的に距離を確保できる。 ②米軍基地から政治的と物理的な距離を確保できる。 ③アメリカや日本にとって脅威と成り得る北朝鮮を世界で一番コントロールできる国として中国の位置が確保できる。だと私は考えている。
数年前にニュースの映像を見た記憶なので疑わしい部分もあるが、北朝鮮は核に対して設備が整っていない。作業員が防護服さえ着ていなかったように記憶している。これは、設備や備品自体がお粗末であるか、あるいは製造される核のレベルが非常に低い可能性を意味するのではないか?
そんな国が500キロ以下の核を開発できたとしたなら、他国の技術がかなり流入したと疑える。
当然、真っ先に疑われるのは正常な交易関係を続けている中国であろう。核技術を北朝鮮に渡した事実があるとしたら、それの発覚も避けたいところだろう。

何にしても中国は北を庇いつづける模様だ。安保理での協議も進まないだろう。
北の核疑惑に制裁をしようと思ったら、中国に先に制裁を考えなければいけないのか?
とりあえず、レートを変動性にしてしまおう。日本は円借款を即時廃止。レートが変動性になれば中国は輸出経済が美味しい国では無くなるので、中国国内に進出した製造業は遅かれ早かれ撤退を始めるだろう。そうなると必死になってインフラや交通網の整備をしているがその必要も無くなってきてしまう。これは内陸部で造った物を沿岸部まで運び出しにくくなるという意味になる。つまり、かなり効果的な経済制裁になる。オリンピックの開催もできなくなる可能性もでてくる。
中国は面子にこだわるプライド(だけ)が高い国民性なので国内がガタガタになってもオリンピックは開催するかも知れない。レートを変動にするだけで経済制裁的な効果は倍増する事になりますなぁ。

アメリカのやり方が全て正しいとは当然思っていない。けれど、将軍様が核を手にすれば

キ※ガイに刃物

なので、これは何としても避けなければならない。
公式コメントから考えて、中国は北朝鮮が核実験の準備を進めていることを確認できれば制裁に加わるのか?
日本でもアメリカでもロシアでも (韓国でも) どの国でもいいので、この一点だけは全世界に分るような聞き方をして、後で言い訳が出来ないように公に中国にコメントさせていただきたい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ロシアと中国に腹が立つ

    Excerpt: 読んで腹が立ちました。もの凄く感情的になってます。 たぶん、大人しいエントリーにならないと思います。 Weblog: 付加的戯言@WebryBlog racked: 2005-05-11 00:37