付加的戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2007/05/31 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

昨夜はガブちゃんと一緒に寝ました。
今まで夜間の介護をしてくれた母が
「ガブちゃんが一番好きなっだのはあんただから、一緒に寝てあげなさい」
と言ってくれました。
最期の最期に一番面倒を見てくれた母が譲ってくれたので、遠慮なく横に寝ました。

淋しがり屋で甘えん坊のガブちゃん。家で過ごす最後の夜が淋しくないように
ずっと体を触ったまま寝ました。冷たくなっていくガブちゃんの体でも、私が触っている場所だけは温かい。それを感じるたびに涙が溢れました。

18年前、家に初めてガブちゃんが来た夜に、小さなダンボールの箱の中で「淋しいの!」とキャンキャン鳴きながら過ごした玄関。最期を家族に看取られた場所であり、この家で最後に過ごす夜の場所となった玄関。初めて来た日はあんなに鳴いていたのに、今は動かなくなってしまったガブちゃん。

朝8時半に、毛布に包まれてガブちゃんは我が家から旅立ちました。元気な時に一緒に歩いたガブちゃんの散歩コースを、今日は家族と動かないガブちゃんと車でゆっくりまわりました。

9時にに火葬場に到着。これでガブちゃんの姿を二度と見ることが無くなるかと思うと胸が張り裂けそうで、声を出して泣きました。ガブちゃんにしがみついて泣きました。家族全員が声を出して泣きました。なかなか離れられなかったのですが、私が最初にガブちゃんから離れました。なんとか家族全員が離れた時、

「ガブちゃんが大好きなお家にいつでも帰ってきていいんだよ。ガブちゃんのお家はあそこしかないんだから、いつでも帰ってきていいんだからね。」

と、ガブちゃんに言い聞かせ、9時半過ぎにようやく火葬場を後にしました。

今までいるのが当たり前だったガブちゃん。
母の代わりにマムシに噛まれたガブちゃん。
その時の通院の印象から、ダッコが大嫌いになったガブちゃん。
ヘビを取ると、夜中でも何でも大声で呼んで褒めてもらいたがったガブちゃん。
遊んで明け方にコッソリ帰ってきたときも、大声で「おかえり〜!」と言って喜んでくれたガブちゃん。
奥さんがお嫁に来た時も、娘が生まれて家に来たときも、シッポを振って歓迎してくれたガブちゃん。
クリスマスや誕生日のケーキを半分に分けて仲良く一緒に食べたガブちゃん。
庭で自転車を整備していると「遊んで〜」と必ず寄ってきたガブちゃん。
天気の良い日は庭で私の腕枕で一緒に昼寝をしたガブちゃん。
庭の釜でタケノコを茹でていると、横に座ってよりかかってきたガブちゃん。
パンが大好きで、よだれを垂らしながらオアズケを頑張ったガブちゃん。
首輪が外れて一人で出かけた時、探しに行くと喜んで飛びついてきたガブちゃん。
歳を取って動けなくなっても、呼ぶと頭とシッポで返事をしてくれたガブちゃん。

そして
最後の最後まで生きることを諦めなかったガブちゃん。

いま、ガブちゃんの体毛を少し切って密閉できるキーホルダーに入れた遺髪が横にあります。
まだまだ何をするにもガブちゃんが思い出されて、涙が出てきてばかりです。

命あるものは、いつか必ず死を迎える

ガブちゃんの事は決して忘れないけれど、いつか、いつの日か、ガブちゃんがいなくなった現実を正面から受け止められる日がきたら、未熟者の私に、ガブちゃんが最後に教えようとしてくれた事の意味も理解できるようになると思います。

大好きなガブちゃん、ボクが家にいる間、玄関を少し開けておくね。首輪が外れて一人でお散歩に行っちゃった時のように帰ってきてね。そして、いつまでも家族を見守っていてね。

ガブちゃん、大好きだよ。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。うちで飼っていた犬は、一匹目は4才で亡くなり、2匹目は11才で亡くなりました(どちらもフィラリアでした)。
18才というと犬としてはご長寿です。それだけ大事にされていたんだなということが凄くわかります。
まさに家族の一員だったのですね。
そら子
2007/05/31 21:23
こんばんは、付加的さん。
・・・
18年間、共に過ごした日々、思い出はつきないですね。
>・・・何をするにも、ガブちゃんが思い出されて、涙が出て・・・
そうでしょうね。
つらいですね。
sumicchi
2007/05/31 21:52
涙が止まりません。
私の子供の頃に生活を共にした相棒達は、皆若くして逝ってしまいました。それでもものすごく悲しくて、そしてとても大切な思い出をくれました。
18年間。付加的さんと付加的さんのご家族の愛とガブちゃんの愛の強さで築き上げることが出来た、貴重な時間ですね。その分、私には想像できないくらいの思い出があると思い、その分私には想像できないくらいの悲しみと寂しさがあるのだと思います。おもいっきり泣いて、その後は笑って思い出話ができるようになって、ガブちゃんを安心させてあげてくださいね。

2007/05/31 21:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − 付加的戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる