付加的戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国には毅然とした態度で!

<<   作成日時 : 2005/06/09 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

歴史教科書も対象 日韓共同研究両首脳合意へ

政府は八日、韓国との歴史共同研究の対象に、両国の歴史教科書も加える方針を固め、韓国側と調整に入った。ソウルで二十日に行われる予定の日韓首脳会談で、小泉純一郎首相が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に提案し、合意する見通しだ。

 日本の歴史教科書を批判する韓国が共同研究テーマに加えるよう求めており、政府は応じることで冷え込んだ両国関係改善の糸口にしたい意向。

 杉浦正健官房副長官は八日午前の記者会見で、日韓両国の専門家による第二次歴史共同研究が年内にも始まることに関連して「韓国側は研究成果が(日本の)教科書に反映されるよう要望し、新たな(共同研究の)枠組みが検討されている。首脳会談が開催されれば、協議の対象になるのではないか」と述べた。


私が思うに

税の徴収、教育、国防は国の将来を支える三本柱

だと思っているのですが、日本の政治家の一部や中韓にへりくだる日本人は自国の歴史教科書を外国の都合に合わせて替えようとしてしまう。彼らには彼らの考えや意見、真実があるのだろうが、そんな事で自分の国が愛せるのだろうか?子供や孫に日本という国を誇れるのだろうか?

 日韓戦争、もしくは日朝戦争ってありましたかね?私、その事を知らないのですが。朝鮮半島と日本は戦争をしてないですよね?ってことは朝鮮半島は(戦争すらできずに)日本に組み入れられていたって事じゃないのでしょうか?日韓併合ってそうゆう事ですよね。ソッチ系の人や半島の人たちからは叩かれそうですが、圧倒的実力差によって反抗することも出来ずに日本に吸収合併していたんですよね。ちょっと意味合いが違うと思いますが、韓国は敗戦国の植民地だったわけですから貧乏くじを引くのは理不尽ですが当然なのですよ。
 それを経済力がついてきて(それでも03年のGDPが6053億ドルで東京都のGDPと勝負している程度)発言できそうな地位にまできたような気がする(世界にはあまり相手にされていないのが事実)からって、日本の教育を捻じ曲げるようなことをしないでほしい。政治家も母国日本が大事なら、程度の低い外交の材料に大切な教育の為の教科書を使うべきではない。自分の住んでいる国を、子や孫に残していきたいこの国をもっと大切に思ってくれよ!

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦時中の日本人と戦後の左
日本の扶桑社版歴史教科書採択防止に韓日中の知恵集める http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=64330&servcode=400&sectcode=400 東アジア侵略事実を歪曲(わいきょく)した日本の扶桑社版歴史教科書の採択率を下げるため、韓日中市民団体と学界の阻止運動が9日から本格的に展開される。 ...続きを見る
思うて学ばざれば則ち殆し
2005/06/09 12:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 まずは、記事と直接関係ないコメントを書くことをご容赦下さい。
 削除していただいても結構です。
 わたくし似非紳士は、今日ニュースで日韓中共同製作の歴史の教科書が出来たことを知りました。
 ところがその内容があまりに酷いモノなのに驚き、憤りを感じております。
 しかしながら私にはそれを伝える筆力も、批判し検証する知識もない。
 そこで、皆様にこの事に関する御意見をお聞きしたいと思います。よろしければ一度私のアップした記事を見に来てください。
 再度申し上げますが、不快でありましたら、このコメントは削除してください。
 よろしくお願いします。

 http://blog.livedoor.jp/ese_sinsi/archives/24736519.html
似非紳士
2005/06/10 00:24
>似非紳士さん
コメントありがとうございます。
大事なことなので書かせていただきますが、礼儀をもって書いて頂いているコメントやTBは、私と反対の意見でも削除はしない方針です。
一応ここは私のブログです。例え同じ意見でも礼節を欠いた場合は削除理由を掲載して削除させていただく場合もあります。
今は出勤時間になってしまい似非紳士さんの所へ訪問できませんが、帰宅後に寄らせていただきますね。
付加的
2005/06/10 05:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国には毅然とした態度で! 付加的戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる