付加的戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸際に立たされている韓国

<<   作成日時 : 2005/06/06 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカが北朝鮮の核に強めの牽制をかけてきた。

米、対北圧力強める 米兵捜索中止・KEDO人事
米国は六カ国協議再開に向けて北朝鮮への圧力をさらに強化している。米国はすでに朝鮮戦争の行方不明米兵の米朝合同捜索の一時中止や朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)事務局長引き揚げの方針を決め、ラムズフェルド米国防長官は三日、対北政策見直しを示唆した。協議復帰を促す牽制(けんせい)の意味合いが強いが、北朝鮮への本格的な「警告モード」に入ったとも指摘されている。

 ラムズフェルド長官は三日、訪問先のシンガポールに向かう機中で記者団に、二月の北朝鮮による核保有宣言や、核実験に向けた動きを受けて、対北朝鮮政策の根本的変更が必要かどうかを検討していることを明らかにした。

 一方、米国は、行方不明米兵の次回以降の合同捜索の凍結の理由について「安全確保に問題がある」(国防総省)と説明している。

 一九九六年から始まった合同捜索は今年五回が予定され、先月末に第一回が終了したが、その直後から開始される予定だった第二回捜索は中止された。

 北朝鮮が通信手段の携行を認めなかったことに米側が反発したとされるが、米国務省筋は「合同捜索は米朝間の唯一の直接接触の機会で、北朝鮮側に協力費を支払っていることもあり、中止には政治的な意図が込められている」と指摘する。

 一方、KEDOの事務局長人事について米国は、四月末で任期が切れたチャールズ・カートマン氏(元国務省朝鮮半島担当大使)の後任の方針を明らかにしていない。KEDO各国は北朝鮮に供与する軽水炉建設工事をすでに中止しているが、これまで米国が派遣してきた事務局長ポストから引き揚げる姿勢をみせていることについては「米国はKEDOの解散を意図している」(朝鮮半島外交筋)との見方がもっぱらだ。

 六カ国協議が最後に開かれたのは昨年六月末。北朝鮮は次回協議出席についてなお態度を明らかにしていない。米国は期限はつけないものの、中断一年を「ひとつの節目」(日本外交筋)としている。


 中国も北朝鮮の核に関して容認しない姿勢を明らかにしている。
中国政府が北朝鮮による核実験を外交上の「レッドライン(越えてはならない一線)」と認定、北朝鮮側に直接伝えていたことが4日、明らかになった。実験を強行した場合、\,font color=red>中国独自の制裁の可能性を示唆することで北朝鮮による核実験を容認しない立場を鮮明にした格好だ。北朝鮮の核実験に神経をとがらす米国を北朝鮮との2国間対話に引き戻すためには、北朝鮮にも一定の自制を求める必要があると判断したものとみられる。

 北朝鮮が核実験に踏み切った場合の具体的な対応を中国が北朝鮮側に示したかどうかは不明。すでに中国は「重大な結果を招く」などの表現で警告しており、北朝鮮に対する食糧・重油支援の一時停止や、北朝鮮核問題の国連安全保障理事会への付託に反対しないことなどを想定しているとの見方もある。


 この数ヶ月で色々と状況が変わったりしたが、北朝鮮が核を保有する事が

キ※ガイに刃物


である事を中国までも認識したように感じる。日本は当然としてロシアも北の核を認めない姿勢を表明している。残るは韓国。民族と半島に限ったバランサー(韓国国民以外は誰も思っていないだろうが)という発想の無理をそろそろ認めたらどうだろうか?世界標準でのバランサーとして韓国が北朝鮮に向き合えば、世界の見る目も変わってくるのではないだろうか?今のままでは「使えない国」と成り果てる事だろう。

 そのためにも韓国は国内の変な対日コンプレックスや中韓朝以外では通用しない日本への言いがかり発言をやめたらどうだろうか?その呪縛に縛られている以上、韓国は世界をリードする側になれないと考える。日本は先の大戦で連合国に負けた。肉親を殺され家を焼かれた人々は山のようにいる。鬼畜米英憎しと思いながらも世界に目を向けて歯を食いしばって前向きに歩きつづけてきた。戦後60年の全てを賞賛する訳にもいかないだろうが、結果として今の日本がある。

 言いがかりと後ろ向き発言ばかりしている韓国に、日本と同じような世界をリードする側の感覚は身につかないだろう。仮に、韓国にアメリカの核が落とされたとしたら韓国はアメリカに日本と同じような言いがかりをつけるだろうか?私はそうは思わない。日本だから、同じアジアだから、歴史的に繋がりがあるから、見た目は同じなのに繁栄の度合いが違いすぎて悔しいから言ってくるのだと考えている。

 さぁ、韓国よ。偏りすぎた民族主義や日本に対するコンプレックスを抑え、世界標準的な判断で北朝鮮に向き合え。色目を使うような事をするな。北朝鮮の問題からはじき出されたら、韓国はどこにも行けなくなってしまうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸際に立たされている韓国 付加的戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる